製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

コスト削減は企業経営において重要な要素ですね。会社に貢献するためには、社員がコスト意識を持ち、行動するとが大切です。しかし、経費削減、コスト削減といっても何から削減すればよいのかわからい。そんな悩みをお持ちの方も多いですね。製造業や工場の経費削減、コスト削減の事例や具体策、コスト削減の方法やコスト削減のアイデアを提案していきたいと思います。

電力

なぜならば不幸な未来が見えているからです

夏場の電力使用量を削減しなければ工場がとまり、街の機能が止まってしまう。
この機能停止の影響は大きく、日本の貿易など、今の豊かな生活をおくっているその
原資となるものがなくなってしまう恐れもある。

なぜならば、日本の技術力は高く、海外の製品の材料にも影響を与え
海外工場のラインも止めているのである。

自動車関連いおける日本製品の重要性は高く、それが顕在化してしまったのである。

マイコンや半導体などの電子機器、
メタリックの塗料まで影響するとは思っても見なかった。

このように日本の製品が世界の市場において
重要なものであることがわかる。

つまり

夏場の電力使用量を削減しなければ、
計画停電などで工場が停止してしまう。

工場において数時間の停止は、精密機器を生産している場合など
時間のロスだけではなく、1日の生産をパーにしてしまう。

この影響は大きい。

つまり、1箇所しか調達する先がないから、今は、世界の企業が
待っているのだが、長引くとそれは恐ろしいことになる。

海外製に置き換わってしまうことだ。

簡単には、海外製になることはないが、この動きはもはや止められない。
これに対応するためには、まずは夏場の電力削減目標を達成しなければならない。

次の目標はまた、別にあるが、今回はこれに集中したい。

中小製造業における電力削減を達成しつつ、生産することが必達目標なのである。

これを実現するために、不必要なムダを徹底的になくし、最悪の場合は、
計画的な生産の中止かもしれないが、そうなる前に対応したい。

目的を達成するための手段は何かを徹底的に考える。

しかし、この手段の中に、ムダが潜んでいるのである。
これをどうやてて顕在化するのかが重要である。

一人ひとりの意識を高めることができる。
今なら、必ずできるはずです。

なぜならば不幸な未来が見えているからです。

あとはムダをなくす仕組化を構築できるかが課題です。

コスト削減に際して、株式会社BIG GAINさんなどの
コンサルタントに依頼して、改善するのもその1つだと思います。

【送料無料】ISO 9001:2000計測機器の管理とコスト削減法

現在地がどこにいるのかを明確にすることで、ムダが見えてくる。

夏場の電力需要の逼迫が予測される中、中小製造業においても電力削減目標が設定されている。
電力削減目標を達成することは、普段の日常生活を送る上でとても重要な役割を担っている。

高齢者がいる介護施設などは大変である。

なぜならば、夏場のあの暑さを思い出して欲しい。
昨年のあの夏の暑さは、地球温暖化の影響もあってか、すごかった。

高齢者が熱中症などで死亡することもあった。
中には、生活保護を受けていて、クーラーなどの涼をとれる機器がない場合なども大変である。

今年の夏が昨年ほど暑くなければよいのだが、そんなことはあるまい。
夏場は、暑い。

熱すぎるぐらいに暑くなる。

電力需要を改善しなくては、大変なことになるという厳しい状況が
もう目の前にあるのだから、恐ろしい。

中小製造業や家庭も含め、電力削減を徹底しなければならない。
節電しなければならないことも多いが、できるれば
コスト削減目標を高めて対応しなければならない。

そして、これが必達目標である。

この必達目標を達成することが絶対なのである。

それぞれが、手を抜けば、日本全体が影響を受けるのである。
このことを肝に銘じての取り組みが必要である。

そう、コスト削減をすることで、最悪の事態を避けなければならない。
原点に返り、ムダがないか、徹底的に考えたい。

必達目標は、その会社、工場によって違うが、大幅に電力需要を確保するために
取り組まなければならない。

まずは、なかなか姿を現さないムダを見つけることが重要です。

ムダは、姿をあらわさない。
目標が明確になることは、よいのだが、今の現在地がどこなのかわからなければ意味がない。
この現在地がどこにいるのかを明確にすることで、ムダが見えてくる。

今回の目標は、何日までに電力使用量の削減を20%達成することが必達であるから、
これを達成するためにどうすればよいのだろうか。

機器を停止すれば、電力使用量は削減できるのだが、
それが工場を、会社を継続するためによいのだろうか。
このあたりの議論も必要だが、そうもいっていられない。

社員の生活もあるのである。

かといって、その工場だけ、必達目標を達成せずにいると
もっと大きな問題となって、その工場、その従業員に悪影響がでてしまう。

エコに徹し、エゴにならないように注意すれば、この問題を達成できる。

今回の目的は、何か、それを達成するための手段は何かを徹底的に考えよう。

この手段を徹底的に考え、実践するのです。
これしかない。

コスト削減のコンサルタントに依頼すのもその1つ。
このサイトの構築にお世話になっている株式会社BIG GAINさんもその候補の1つ。

【送料無料】世界一わかりやすいコスト削減の授業
楽天市場