製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

コスト削減は企業経営において重要な要素ですね。会社に貢献するためには、社員がコスト意識を持ち、行動するとが大切です。しかし、経費削減、コスト削減といっても何から削減すればよいのかわからい。そんな悩みをお持ちの方も多いですね。製造業や工場の経費削減、コスト削減の事例や具体策、コスト削減の方法やコスト削減のアイデアを提案していきたいと思います。

要素

原価の3要素5

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−を心がけて提案していきます。


まずはじめに、製造業の原価についてです。
製造業の原価とはどんなものがあるのでしょうか。

・原材料
・加工にかかる費用
・労務費
など、さまざまです。

製造業では大きく3つに分けて考えます。

1.材料費
 製造業においては、原材料を仕入れ、それを加工して製品とします。
 原料や材料の仕入れにかかる費用をいいます。

2.労務費
 仕入れた原料や材料を加工するために人が働きます。
 この作業者の賃金などをいいます。

3.経費
 製品をつくるために電気やガスなどが必要ですがこれらの費用のことを言います。

材料費、労務費、経費を原価の3要素といいます。

最強のコスト削減

ストップウォッチ法5

製造コスト削減用語集(さ行)

ストップウォッチ法




ストップウォッチにより、作業を要素作業ごとに測定し、レイティングを行い、正味時間を求める方法。

作業方法の研究・改善などに利用するには、この正味時間レベルで用いてもよい。

これに余裕時間を加えると、標準時間として利用できる。

ストップウォッチ法は、手扱い作業・機械作業のいずれの分野でも用いることができる。

 しかし、以下のような作業の測定には適さない。

 …垢ぅ汽ぅルタイムの作業

 ■亜ィ娃科(20RU)より短い要素作業が、多く繰り返される場合

 観測者が、作業を観測しながらストップウォッチの時間値を読み、観測用紙の所定の場所に記入する時、上記時間値を要するためである

 M彖悩邏箸僚臀が、たびたび変わる場合

 観測者は、観測を始める前に予め作業内容と順序を確認し、観測用紙に記入している。

 この順序がたびたび変更されると、測定した時間値そのものも異なる。

 作業は、最も疲労が少なく、品質が安定し、早く出来る方法で行われるべきである。

 作業順序の変更は、上記の基本を順守していない。

 ざ肪爾望ないロット生産の作業

 測定結果の信頼性が要求される時、上記のようなケースは適さない。


この記事は、(株)ビッグゲインの小田社長が実際に経営改善、コスト削減に取り組んだ事例を元にしています。

製造業のコスト削減を手がける(株)ビッグゲインへのお問い合わせはこちら

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−
製造コスト削減に関する用語を取りまとめた。


楽天市場