製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

コスト削減は企業経営において重要な要素ですね。会社に貢献するためには、社員がコスト意識を持ち、行動するとが大切です。しかし、経費削減、コスト削減といっても何から削減すればよいのかわからい。そんな悩みをお持ちの方も多いですね。製造業や工場の経費削減、コスト削減の事例や具体策、コスト削減の方法やコスト削減のアイデアを提案していきたいと思います。

製造

不良を未然に防ぐ

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

震災にあわれた方に心からお見舞い申し上げます。

さて、このサイトでは、製造業・工場のコスト削減の事例やアイデアといった、経費削減のための提案をしています。このコンセプトにそって話題を提供していきたいと思います。

コストを削減しリターンをあげるには、どうすればよいのでしょうか。

・切り詰めて、利益を得るだけじゃん
・ムダを省く!
・安く仕入れる

など
いろんな意見が出てきます。

やりかたは多種多様です。すでに取り組んでいて効果があがっているものもあるでしょうし、効果が出ていないものもあるでしょう。中には、3日坊主のものもあるのではないでしょうか。

コスト削減を徹底し、リターンを得るためには、組織力を生かすことと、個人のモチベーションを上げるという両面が大切です。

工場で作業する人の安心・安全を第一に、取り組みましょう。

このサイトを立ち上げるにあたってビッグ・ゲインの小田社長に、ずいぶんお世話になっています。心より感謝しています。

今回、取り上げるのは、発生してしまった不良です。
突然発生した不良ですが、発生したという事象を捉えるだけでは次にいかせません。

何らかの予兆があるものと考えられないでしょうか。
予兆を見極めれば、不良の発生を未然に防止することが可能です。

そこで、関連するなんらかの数値を定め、定期的に計測し、管理すべき数値の範囲から、不良を発生させてしまうような数値に向かっているのか、大丈夫なのかという変化の値をとらえることができれば、未然の防止がはかれます。

このように数値を定期的に計測するということを通じて、一見、突然発生した不良の未然防止につながるのではないでしょうか。
【送料無料】最新原価管理とコスト削減がよ〜くわかる本
がんばれ!日本

言葉では伝えきれない経験

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

ノウハウの共有化と習熟度

仕事を見える化することは、非常によいことだが、
人間なら誰しも、身についたノウハウを出したがらない。

つまり習熟したノウハウを顕在化しにくい。

この習熟というあいまいな表現の中に、問題が潜んでいると考える。

・習熟度が低いからできない。
・まだまだ未熟だから

ということが問題であり、その解決方法は習熟度をあげるほかないということこ
ならないように注意することが大切です。

習熟度を分解し、誰もがわかるように見える化することができれば
コスト削減につながり、生産性の向上に役立つのではないか。と考えることが大切です。

しかし、
現実には、個人の技能に依存しているコア技術もあることから
一概に、言い切れない。
言葉では伝えきれない経験もあるのである。
業務管理の基本と改善のマネジメント

多悩な時代

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

ものづくりインストラクター養成スクール。
今活動されているか定かではないが、

東京大学大学院経済学研究科の「ものづくりインストラクター養成スクール」が、2005年度より始まった経済産業省の「産学連携製造中核人材育成事業」としてされている。

何人かの卒業生と話をしたことがあるが
この取り組みは重要ではないだろうか。

ベテランの人材が、従業員を育成するということが重要であるが
現在の経済状況などのこともあり、どうするのかというマクロ的な視点と
ミクロ的な視点で考えなければならないと思う。

ミクロ的な視点なら、
ベテラン社員が若手社員を育成するというスキームが考えられるが
労働力を外部にゆだねている方法をとっているところなど、ノウハウの定着がなされない。

これらの問題にどう対応するのか。
経営者の判断にゆだねられる部分が大きい。

育てるのか、外部人材を活用するのか。
はたまたEMSなどを活用するのか。海外企業と組むのか。
など

多悩な時代である。

多能工化によるムダの効率化

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

多能工化によりムダの効率化を図る。
今、多能工化が求められている時代です。

ムダを省いたにも、かかわらすず、人の配置をそのままにしておいたのでは
手待ちも多くなり、ムダです。

そこで、他の工程で、1人でする作業は作業量が多いが
2人でするには十分すぎるといった作業があったとするのならば

その最初の作業者が、ムダ取りのおかげで、0.7の作業になったのならば
作業が多いところに投入することを間がる。

多能工化することで
ムダをなくすことができるのです。

このような作業の組み合わせを
考えてみよう。
コスト削減の教科書

生産性の向上とは、人を減らすことである。

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

製造業のコスト削減は、付加価値を向上させるための
重要な役割です。

コスト削減により、コスト競争力を強化し
利益を生み出す仕組みをつくることを目指しています。

社員全員が
コストの見える化に取り組み、
成果を挙げている中小製造業もあります。

さて、今日は、コスト削減より、生産性の向上について
考えてみたいと思います。

生産性の向上とは、どんなことをさすのでしょうか。

その答えは、

人を減らすことです。

究極の一言といってもいいでしょう。
人を減らす・・・。

抵抗があるかもしれませんが、
このことを念頭に置く必要があります。

人が減るというのは、クビっていうことですか!
と怒る方もおられますが

次のような展開です。

改善がすすみ、ムダがなくなり、その作業工程で1人分の
作業を減らすことができました。

つまり、ムダをとり、利益がでやすい体質になったのです。
また、コスト競争力が増すことで、業績はよくなるはずです。

業績がよくなるということは
どうしても人が必要になってくるのです。

このサイクルにもっていかなければなりません。
このことを念頭において
コスト削減を進めましょう。

ただし、本当に人を増やさないといけないか
熟考必要があります。

人を増やしたいですか?
それとも給料を増やしたいですか?
コスト削減で元気が出るか

無駄を見つける管理責任者の眼力!

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

無駄を見つける管理責任者の眼力!

手待ちのムダは表面化しにくいものです。
手待ちがあるときって、作業をしがちです。
何かしていないとサボっているように思われる。
そんな心理が働いてしまいがちです。

ですから
手待ちがあるときって

今、手待ちです。

といってくれるわけではないのです。

ムダを見つける作業は、
管理責任者の眼力にかかっているのです!

といってしまうと
管理責任者の責任は重大です。

こんなムダを見つけられないのか!
と怒ることもあるかもしれませんが

ムダを見つける眼力を育てる視点も重要です。
1つムダとりができれば
その応用でこと足りるかもしれません。

しかし、これは訓練です。

先輩方からアドバイスをもらいつつ
ムダをとる眼を養いましょう。
最新原価管理とコスト削減がよ?くわかる本

高さ制限を設けたらまずは、やってみる。

製造業・工場のコスト削減の事例・アイデア・方法

製造業が利益を出すためには売上を上げることが大切です。
それともうひとつがコストを下げることが大切です。

品質管理はあたりまえ。です。

もう一歩踏み込んだ経営をするためには、これらの実現が不可欠です。

さて、先日来、工場内の高さ制限について
書いていますが、

工場内の高さ制限について
実行すると決めたら、まずは、何も言わずに実行することが大切です。

何も考えずに行動してみることが大切です。

すると、この高さ制限がうまくいかない箇所もでてきます。
その理由が何なのか、つきつめていくことが大切です。

その問題を発見するためには提起的に、高さ制限バーなどを用いて
チェックしていくことが必要です。
指導標識 高さ制限○○M駐車場などに!!ユニット 指導標識 高さ制限○○M [832-94]

工場の高さ制限を継続させる

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア

製造業のコスト削減の事例やアイデアを紹介します。
コスト削減により利益の生み出しやすい筋肉質な会社を目指します。

さて、前回は、工場内の高さ制限について話をしましたが
高さ制限による効果として

・安全面
・機能面
・管理面

の3つの利点があります。

高く積みあがったものが崩れなくて、従業員の危険が減る。
広く見渡せることで、異常の早期発見。
在庫・仕掛品が目に見え管理しやすくなる。

という利点です。

こられを一度実行することは簡単です。

やろう!
という気になりさえすればよいのです。

しかし、
継続するのは難しい。です。

3S、5Sなどの取り組みをしているところは多いのですが
継続できていないケースが多いです。

高さ制限も同じです。

そのときだけではだめで、本気で安全を考えて行動しなければ
意味をなしません。

そのためには、定期的に実行をチェックする必要があります。
このチェック体制が整えば、よい工場のスタートラインに立つのではないでしょうか。
【送料無料】日本緑十字社 [TSB-1]緑十字 高さ制限バー日本緑十字社 [TSB-1]緑十字 高さ...

工場内の高さ制限です。

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案

製造業・工場のコスト削減の事例や方法、アイデアを提供していこうと考えて
このサイトを運営しています。
コストを下げることにより、利益を生み出しやすい体質に
会社を変化させることにより、新たな事業や設備に投資しやすくなります。

そのためのヒントとなれば幸いです。

今日は、コスト削減の前段階の話です

工場内の高さ制限です。

工場ないのスペースの有効活用のために
ものを積み上げていませんか?

・積み上げている
・狭いから

といったことがありますが

・安全面
・機能面
・管理面

の観点から高さ制限をすることをおすすめします。

第一に考えなければならないのが
従業員の安全です。

もしも、
万が一

ものが崩れたときは・・・

と危険となることは、避けなければなりません。

この安全第一に考えることが大切です。

また、工場を見渡せることにより
異常なことを発見しやすくなりますし、

仕掛品や在庫が増加するのをコントロールすることもできます。

高さ制限を設けることにより
3つのよい点があります。

・安全面
・機能面
・管理面

実行することにより安心・安全を手に入れ、その上に利益を出すための
体質に変化させていきましょう。

社員のモチベーションが高まり、生産性が高まったのです。

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

工場のコスト削減事例、方法、アイデアを紹介します。
コスト削減を企業経営にとって重要な要素です。

利益を出すためには、売上を向上する。無駄なコストを削減する。
の2つしかありません。

私たちのブログでは、後者の無駄なコストを削減し
効果的な利益を生み出すことを目指しています。

一個作りとまとめ作り。
それぞれ特徴があります。

私が以前にテレビで見たシーンで
記憶に残っているものがあります。

それは

ベルトコンベアーで製品の部分を作っていると
最終製品でないため、モチベーションがあがりません。

1人で最終製品まで製作することに切り替えたところ
社員のモチベーションが高まり、生産性が高まったのです。

現場をみた社長は
創意工夫しながら製品づくりをする従業員から
喜びの顔が印象的だと語っておられました。

コスト削減のときに
追求していくものがありますが
人を忘れてはいけません。

心のモチベーションもじゅうような要素です。
透明色735色のチップによって構成PANTONE プラスチック・トランスペアレントセレクター

一個作りの対極にあるのが”まとめ”づくりです。

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

工場のコスト削減事例、方法、アイデアを紹介します。
コスト削減を企業経営にとって重要な要素です。

利益を出すためには、売上を向上する。無駄なコストを削減する。
の2つしかありません。

私たちのブログでは、後者の無駄なコストを削減し
効果的な利益を生み出すことを目指しています。

さて、一個作りの対極にあるのが”まとめ”づくりです。

まとめづくりのムダとはどんなものか考えてみましょう。

一個作りの場合は、1台の製品を作るのにかかる時間は、1台のサイクルタイムです。
まとめづくりの場合はどうでしょうか。

最初の一台が製品となるまでにすべての工程を終えてから
最初の一台が製品となる。

このあたりおことを念頭において
生産を考えてみることも重要ですよ。

キュアリング・ヘルスケア

一個づくりでモノを流しながら生産性を向上する

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

工場のコスト削減事例、方法、アイデアを紹介します。
コスト削減を企業経営にとって重要な要素です。

利益を出すためには、売上を向上する。無駄なコストを削減する。
の2つしかありません。

私たちのブログでは、後者の無駄なコストを削減し
効果的な利益を生み出すことを目指しています。

一個作りで生産性を向上させるためには
モノを流しながら生産するということ。
ひとつひとつの作業をおこないながら
工程を製品が進んでいくのである。

そのながれが川の流れのように
淀みなく流れているのか
どこかで停滞しているのかを
見極めることができるのである。

根本的なムダを目に見えるようにすることが
重要である。
「価格半減」のモノづくり術

労働生産性

製造コスト削減用語集(ら行)

労働生産性

従業員1人あたりの生産性でどれだけの付加価値を生み出しているのかを見る指標である。
すなわち、従業員が稼ぎ出す付加価値を計るものである。

労働生産性を高める
・労働生産性を高めるには、分子の付加価値を大きくする。
 あるいは
・分母の従業員数を少なくする。

の2つの方法がある。


製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−
製造コスト削減に関する用語を取りまとめた。

付加価値

製造コスト削減用語集(は行)


付加価値

付加価値=売上高-外部購入価格

付加価値とは、原材料や商品を仕入れた結果、経済活動を通じて
どれぐらいの価値を追加することができたかを示す指標である。

製造業では、現場の作業工程で付加価値を生み出すことが重要となります。

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−
製造コスト削減に関する用語を取りまとめた。

販売価格と値入

製造コスト削減用語集(は行)


販売価格と値入

販売価格を決定する際に、値入をする。
値入とは、仕入原価に販売マージンを上乗せし販売価格を決定する。


製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−
製造コスト削減に関する用語を取りまとめた。

楽天市場