製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

コスト削減は企業経営において重要な要素ですね。会社に貢献するためには、社員がコスト意識を持ち、行動するとが大切です。しかし、経費削減、コスト削減といっても何から削減すればよいのかわからい。そんな悩みをお持ちの方も多いですね。製造業や工場の経費削減、コスト削減の事例や具体策、コスト削減の方法やコスト削減のアイデアを提案していきたいと思います。

製品

多品種少量生産のヒント

製造業・工場のコスト削減の方法などを紹介しています。

今回は、多品種少量生産を考えてみたいと思います。

いまや多品種少量生産をしている企業は多いですね。
迅速に対応するために段取り替えをいかに迅速にするかに挑戦したり
企業によって戦略はさまざまですが、対応しています。

中には、一番川下のサービスをしていいた会社が、どんどんどんどんと
川上へたどり着き、仕組みをつくるという取り組みをしている企業もあります。
この企業は、コスト削減のレベルを超え、マーケットスタンダードを作ることで
自社の競争優位性を自ら作り出すという取り組みをしているのです。

本当なら、世界のスタンダードをつくることができればいいのですが・・・。

そう簡単にもいかないので、話をもとに戻します。

多品種少量生産をやるぞ!といってもなかなか難しいです。
そんなとき、このような考え方をしてみてはいかがでしょうか。

それは、急ぎの製品を流すことで
対応力がわかりますよ。

そして、急ぎの製品のために
計画していた製品が犠牲になっていると思います。

ここに多品種少量生産のヒントがあります。
改善点も見えてくるでしょう。
【1000円以上送料無料】多品種少量生産の生産管理改善/五十嵐瞭【100円クーポン配布中!】

自動化の目的

前々回にお金をかけない自動化について書きました

自動化の目的とはなんでしょうか。

楽に仕事をするためでしょうか?

いえいえ違います。

それは、工程から人を抜くことです。

人件費は経営に大きな影響を与えます。
すべての工程を自動化できれば、人件費を抑制しコスト削減に大きく寄与することでしょう。

一方で自動化した機械のメンテナンスなど注視しなければならないメンテナンスが発生したりもするので
完全自動化で人件費ゼロとはなかなかいかないかもしれません。

このあたりのことをしっかりと考えておくことが重要ですね。

工程から本当に人を抜くことができるのか。
しかkりと考えよう。

知り合いの工場で、自動化比率を高め、人件費を抑制することに成功し
結果として、製品のコストに大きく寄与することにより、海外製品にもひけをとらないコストパフォーマンスを得ている工場もあります。
楽天市場