製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

コスト削減は企業経営において重要な要素ですね。会社に貢献するためには、社員がコスト意識を持ち、行動するとが大切です。しかし、経費削減、コスト削減といっても何から削減すればよいのかわからい。そんな悩みをお持ちの方も多いですね。製造業や工場の経費削減、コスト削減の事例や具体策、コスト削減の方法やコスト削減のアイデアを提案していきたいと思います。

自動化

自動化の目的

前々回にお金をかけない自動化について書きました

自動化の目的とはなんでしょうか。

楽に仕事をするためでしょうか?

いえいえ違います。

それは、工程から人を抜くことです。

人件費は経営に大きな影響を与えます。
すべての工程を自動化できれば、人件費を抑制しコスト削減に大きく寄与することでしょう。

一方で自動化した機械のメンテナンスなど注視しなければならないメンテナンスが発生したりもするので
完全自動化で人件費ゼロとはなかなかいかないかもしれません。

このあたりのことをしっかりと考えておくことが重要ですね。

工程から本当に人を抜くことができるのか。
しかkりと考えよう。

知り合いの工場で、自動化比率を高め、人件費を抑制することに成功し
結果として、製品のコストに大きく寄与することにより、海外製品にもひけをとらないコストパフォーマンスを得ている工場もあります。

お金をかける自動化とお金をかけない自動化。

お金をかける自動化とお金をかけない自動化。



この2つの考え方を持っておこう。

つまり、お金をかけて機械を導入し自動化することで、人件費を抑制する。
という目的と、

もう1つは、お金をかけない自動化です。

それは、機械が得意な部分と人が得意な部分で人が得意な部分は
人に、作業の一部分を担うというものです。

機械が作業をしている間に、人が得意な部分は人が行うというものです。

そのように考えると機械が得意な部分とは、どのようなものになるのでしょうか。

自社の作業工程を見て、どの部分が機械が得意で、人が得意なのでしょうか。
一度、じっくり考えてみてください。

一度、じっくり考えることが重要です。
そして次のステップとして、意見を聞いて行動するなど
PDCAをしっかりとまわしていきましょう。

PDCAをまわすということも
実践してくださいね。

ずっとPしている企業
ずっとDしている企業

ホントにありますからね。
【送料無料】 PDCAサイクル、3つの誤読 サイクル過程でないコミュニケーション過程による評価 ...
楽天市場