製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

コスト削減は企業経営において重要な要素ですね。会社に貢献するためには、社員がコスト意識を持ち、行動するとが大切です。しかし、経費削減、コスト削減といっても何から削減すればよいのかわからい。そんな悩みをお持ちの方も多いですね。製造業や工場の経費削減、コスト削減の事例や具体策、コスト削減の方法やコスト削減のアイデアを提案していきたいと思います。

社長

片付け力が高い!上場企業の社長

片付け力の大津たまみさんの講演会で興味深いエピソードを聞きました。

それは、

上場企業の社長たちの前で講演されたときに
創業・上場企業の社長に共通することがあったのです。



共通するこは
片付け力が高いというものです。

片付け力が向上すると
それだけ考える時間を生み出すことにつながり
ビジネスもうまくいくというものです。

本当かなと思いましたが
確かに、自分のデスクがきたないよりきれいなデスクで
仕事をした方が、断然はかどります!

これは
工場でも同じですね。

自分の工場が
どれだけ整理整頓できているのか。
あるいは
できていないのか。

見てみましょう。

まずは自分の身の回りから・・・(^^)
【1000円以上送料無料】8秒で幸せをつかむ「片づけ力」/大津たまみ【RCP】

不退転の決意

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

コスト削減に取り組むには、かならずコスト削減するんだという
決意が必要です。

しかし、決意はしても、それを実行するのはなかなかできません。

そこで、外部のコンサルタントやコスト削減の経験者に来てもらって
側面から、コストダウンのお手伝いをしてもらう。

というのはいいかもしれません。

しかし、それ相応の費用がかかってしまいます。

すべてを他人任せにしては何も進展がありません。
自ら変革する。
不退転の決意で、コストダウンに取り組みましょう。

コストダウンは、訓練です。

訓練して、カイゼンするものはカイゼンさせましょう。

その決断は社長の仕事です。
実行を率先するのも社長の仕事です。

社長の役割

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

コスト削減に際して取り組むべきことって何でしょうか?

・コスト削減なので、無駄な経費を削減すること
・削減事例を聞き、自社に取り入れる
・コンサルタントに効く

など

様々な取り組み方があると思います。

社内にコスト削減の文化がないのなら、
迷わず、コンサルタントに頼むのがいいかもしれませんが
大手企業で、定年を向かえ、コスト削減のノウハウが蓄積された方って
いるものです。

そんな方を、ひっぱってくるのもいいかもしれません。

特に、中小企業にとっては
そんなコスト削減の経験が少なく、コスト削減の文化が根付いていないかもしれません。

コンサルタントに外部の視点で言われても・・・
とお思いなら、

経験者を雇用に、社内にコスト削減の文化を根付かせる。

そんな仕組みを社長は考えるべきでしょう。

社長の役割。
決断するのはあなたです。


楽天市場