製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

コスト削減は企業経営において重要な要素ですね。会社に貢献するためには、社員がコスト意識を持ち、行動するとが大切です。しかし、経費削減、コスト削減といっても何から削減すればよいのかわからい。そんな悩みをお持ちの方も多いですね。製造業や工場の経費削減、コスト削減の事例や具体策、コスト削減の方法やコスト削減のアイデアを提案していきたいと思います。

眼力

管理監督者も、ムダを見つける眼力をつけなければなりません。

コスト削減は夏場の電力需要を確保するために重要な役割を担います。
ちょっとでも手を抜けば、より大きな問題となって、その会社や、日本全体にまで影響を与えかねない問題に発展する可能性があります。

ちょっと不謹慎でありますが
この厳しい状況を機会をとらえ、達成すれば、世界における省エネ生産国として
重要なステージに立て、利益が得やすい体質の企業群になれます。

これを乗り切らなければ・・・どんなことになるか。
このシムレーションはやめておきましょう。

手待ちのムダを顕在化する方法を前回書きました。
この手待ちのムダを顕在する方法だけでは、ムダは顕在化しにくいのです。

それは、作業をしている方が、あきらかに手待ち状態であるのなら
判明しやすいのですが、それを第3者が見つけることが重要なのです。

送料無料!ポイント2倍!!【書籍】コスト削減の罠

つまり、管理監督者が作業員の動きの中から問題を見つけるのです。
管理監督者も、ムダを見つける眼力をつけなければなりません。
眼力がないと、無駄をムダをわからずに、見過ごしてしまうのです。

これでは、せっかくの取り組みも意味をなしてしまいません。

管理監督者がコツをつかむまで、コスト削減のプロや先輩たちに依頼するのも
その1つです。OBや、企業でコスト削減を徹底していた人物などに教えを乞うのです。

ムダとりをするための眼を養うまで、協力を仰ぎ、取り組んでみてはいかがでしょうか。

今回は、その絶好の機会です。
こんな厳しい目標を達成する機会はそんなにありません。

クリアすれば、その先に何が待っているのか
考えてみてはいかがでしょうか。

無駄を見つける管理責任者の眼力!

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

無駄を見つける管理責任者の眼力!

手待ちのムダは表面化しにくいものです。
手待ちがあるときって、作業をしがちです。
何かしていないとサボっているように思われる。
そんな心理が働いてしまいがちです。

ですから
手待ちがあるときって

今、手待ちです。

といってくれるわけではないのです。

ムダを見つける作業は、
管理責任者の眼力にかかっているのです!

といってしまうと
管理責任者の責任は重大です。

こんなムダを見つけられないのか!
と怒ることもあるかもしれませんが

ムダを見つける眼力を育てる視点も重要です。
1つムダとりができれば
その応用でこと足りるかもしれません。

しかし、これは訓練です。

先輩方からアドバイスをもらいつつ
ムダをとる眼を養いましょう。
最新原価管理とコスト削減がよ?くわかる本
楽天市場