製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

コスト削減は企業経営において重要な要素ですね。会社に貢献するためには、社員がコスト意識を持ち、行動するとが大切です。しかし、経費削減、コスト削減といっても何から削減すればよいのかわからい。そんな悩みをお持ちの方も多いですね。製造業や工場の経費削減、コスト削減の事例や具体策、コスト削減の方法やコスト削減のアイデアを提案していきたいと思います。

無駄

作りすぎの無駄と無駄の代償

製造業・コスト削減事例・アイデア・方法

作りすぎの無駄の原因について探ってきましたが
今回は、作りすぎの無駄により影響を考えたいと思います。

作りすぎの無駄の代償として
どんなことが起こるのか。です。

このことを考えると
作りすぎの無駄を改善しないとということを考えやすいのではないでしょうか。

材料や部品を先に使ってしまい。新たに仕入れないといけなくなってしまう。
在庫管理
在庫置き場の確保

無駄が無駄を呼ぶのです。

【送料無料】世界一わかりやすいコスト削減の授業

作りすぎの無駄・心理面

製造業・コスト削減の方法・アイデア

前回、作りすぎの無駄が、過剰在庫となってつみあがるという話をしました。

なぜ、作りすぎが起こってしまうのでしょうか。

その原因を探ることが大切です。

1つは心理面によるもの
2つめは、部分を見て、全体が見れていないことによるもの

私は1つめの心理面が多いように思います。

・そんなことはわかっているが、どうしたらよいか?
・心理面といっても・・・
・部分しかわからない・・・

手が空いている罪悪感。
つぎのことを考えての生産。

つまり近い将来、それもすぐにもやってくる仕事を先取りして
行うことで、次の生産に対応すれば、有効活用です。

手が空いているのなら、なおさらです。

手が空いているというのは、サボっているように思われてしまう。
そんなことで評価が下がるのではという心理が働いています。

生産計画を立て、手まちがあること事態に
問題がありますので、その修正が大切です。

サボっているという評価とならないことを
理解することが大切です。

作りすぎの無駄

製造業のコスト削減の方法・アイデア・事例

作りすぎの無駄をなくせ!!

この意識が高い中小企業が多い。
私も地場の企業を回り、工場見学させていただくことがあるが
中小企業、それも地場産業といわれるところにその傾向が強いと感じる。

つまり、いつお客様からの注文のために、先に作っておくことです。

先行生産です。

この意識が強すぎると、在庫となるだけです。

作りすぎの無駄がないかじっくり見てみよう!

【送料無料】最新原価管理とコスト削減がよ〜くわかる本

そこにコスト削減のコツ

製造コストの削減のために、無駄な動作をなくすのは難しいです。

前回、付加価値を生み出している動作を見直し、無駄を省くことの難しさを書きました。
たしかに、現在採用している方法を変えるわけですから、難しいです。

しかし、そこにコスト削減のコツがあるといえます。

今、うまくいっている動作を根底から代えるのは、なかなか難しいですが
コスト削減という目的のために、やるしかりありません。

東日本大震災という痛ましい震災と原発事故によりきわめて厳しい状況におかれています。
福島だけの問題ではありません。
この厳しい状況を打破するためには、今できることをコツコツと積み重ねていく以外
解決策はありません。

【送料無料】成果を上げるムダ取り事例50

付加価値を生み出している動作の中に、無駄がないかチェックする。

付加価値を生み出している動作の中に、無駄がないかチェックする。

付加価値を生み出しているように見える動作の中の無駄を見つけるのは、結構至難の業です。
付加価値動作と、それに付随動作に、分けてみると問題点が見つけやすいのです。

動作をしっかり観察して、分けるのです。

分けていると、ムダを見つけやすくなるのです。

つまり、付随動作をムダとみなして、別の方法を考えると
思わぬ無駄削減の動作が見つかるかもしれません。

今、付加価値を生み出している動作の価値をさらに高めるには、
今の、動作の見直しです。

付加価値を生み出し、うまく行っているわけですから、過去の成功体験を払拭するのは
相当、難しいのですが、このあたりに、ムダ削減の妙味があるといえます。



【送料無料】成果を上げるムダ取り事例50
楽天市場