製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

コスト削減は企業経営において重要な要素ですね。会社に貢献するためには、社員がコスト意識を持ち、行動するとが大切です。しかし、経費削減、コスト削減といっても何から削減すればよいのかわからい。そんな悩みをお持ちの方も多いですね。製造業や工場の経費削減、コスト削減の事例や具体策、コスト削減の方法やコスト削減のアイデアを提案していきたいと思います。

減らす

ヒトを減らし、生産性が向上。その後・・・

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案

会社を経営するにあたって、世の中に出ている本、コンサルタントそれぞれが
書いたり、言葉として説明し利益をだすポイントなどは、2種類しかない。

利益を生み出すには、1.コストを削減する。2.売上を伸ばす。

損益分岐点分析をすればよくわかると思う。

売上高線と固定費と変動費を計算し、限界利益を計算し、交わるポイントから
どれだけ売上を上げれば、利益が生まれるか。をあらわしている。

つまり、コストを削減し、利益を出すポイントをいかに下げるか。
利益を得るためにいかに売上をあげるか。

の2つ。

コスト削減と売上の向上。

の2つしかない。

なんでもかんでもコスト削減、なにがなんでも売上向上。
というわけにいかないのがポイントでしょうか。

コスト削減という視点でかんがえるのなら
生産性の向上とは、ヒトを減らすことである。

このことを十分に考える必要があります。

しかし、コスト削減したら即、ヒトに辞めてもらう。
というのでは、誰も協力しない。

事業がうまくいき始めたら、人材は不足するということも
しっかりと念頭に置くべき。

コスト削減し、ヒトを減らし、
勝機にそのヒトを当てる。

これぐらいの先のことを考えて行動しよう。


生産性の向上とは、人を減らすことである。

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

製造業のコスト削減は、付加価値を向上させるための
重要な役割です。

コスト削減により、コスト競争力を強化し
利益を生み出す仕組みをつくることを目指しています。

社員全員が
コストの見える化に取り組み、
成果を挙げている中小製造業もあります。

さて、今日は、コスト削減より、生産性の向上について
考えてみたいと思います。

生産性の向上とは、どんなことをさすのでしょうか。

その答えは、

人を減らすことです。

究極の一言といってもいいでしょう。
人を減らす・・・。

抵抗があるかもしれませんが、
このことを念頭に置く必要があります。

人が減るというのは、クビっていうことですか!
と怒る方もおられますが

次のような展開です。

改善がすすみ、ムダがなくなり、その作業工程で1人分の
作業を減らすことができました。

つまり、ムダをとり、利益がでやすい体質になったのです。
また、コスト競争力が増すことで、業績はよくなるはずです。

業績がよくなるということは
どうしても人が必要になってくるのです。

このサイクルにもっていかなければなりません。
このことを念頭において
コスト削減を進めましょう。

ただし、本当に人を増やさないといけないか
熟考必要があります。

人を増やしたいですか?
それとも給料を増やしたいですか?
コスト削減で元気が出るか
楽天市場