製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

コスト削減は企業経営において重要な要素ですね。会社に貢献するためには、社員がコスト意識を持ち、行動するとが大切です。しかし、経費削減、コスト削減といっても何から削減すればよいのかわからい。そんな悩みをお持ちの方も多いですね。製造業や工場の経費削減、コスト削減の事例や具体策、コスト削減の方法やコスト削減のアイデアを提案していきたいと思います。

海外工場

BigGainのコスト削減事例5

BigGainのコスト削減事例。GENIC ENJINEERING PLASTIC(SHANGHAI)CO.,LTD
コスト削減コンサルタントのBigGain小田氏が、上海で取り組んだコスト削減プロジェクト事例の紹介です。

設立年月日:2005年1月28日
住所:中国上海市松江区石湖蕩鎮長塔路893弄A−5号
資本金:USD 800,000−
生産品目:PTFE、PVC、UPE他エンジニアリングプラスチック切削加工、PVC溶接・組立

【Big Gain の取り組み】
 (機烹毅咾亮汰・見える化、今後、自分たちで継続
 (供棒源嵯弉茲虜定(検査・洗浄・梱包の各工程)

課題 (1)5S活動が継続しない

課長補佐・班長を含め、作業者15名を各1時間づつ面談
面談の結果、解かったこと

(1)上司間、上司と部下間のコミュニケーションが殆ど出来ていない
(2)殆どの従業員が5Sはおろか、3Sも理解していない
(3)5S活動の着眼点や継続の方法が解からない

取り組み内容
(1)従業員に対し、5Sの勉強会を実施(計4回)
(2)写真・VTRを使って、現状を見える化・掲示(Before:After)
(3)個々の従業員に対し、掲示した各Before Sheetの役割分担、責任をもって解決する
(4)従業員一人一人による、今後の取り組み決意表明と、それをVTR撮影
(5)上記VTR内容を経営者と共有化(コミュニケーション)

これらの取り組みを実施し、なぜ5Sなのかを理解したことによる改善効果があるのである。それも、勉強会による形式的な研修ではなく、より具体的に現状を見据え、掲示することにより従業員意識を変えたことが重要なポイントである。

BigGainでは、製造コスト削減コンサルタント活動を実施している。
お問い合わせはこちら




生産技術力の強化と現地人材の育成5

海外工場コスト

海外工場のコスト削減と生産性工場について話題を提供します。


検ダ源叉蚕冦呂龍化と現地人材の育成

 海外工場の製造力を強化するうえで、その中核となる部分は生産技術部門である。

現地従業員に、基礎的技能を身につけさせるとともに、さらにレベルアップを図り技能者、技術者へと、計画的に育成していかなければならない。

これが生産性の向上や、問題に対する対応力の向上、品質力の向上へとつながり、製造力の強化へとつながっていく。

参考 
この記事は製造コスト削減支援コンサルタント(株)ビッグ・ゲインのご協力を得て書いています。
関連記事 コスト削減支援コンサルタント:(株)ビッグ・ゲイン

生産方式を現地に適応させる5

海外工場のコスト削減は、メーカーにとって重要な課題です。
特に海外工場のコスト削減に取り組みたいが、すべて現地まかせというわけには、いきませんね。今日の話題は「生産方式を現地に適応させる」です。

掘ダ源妻式を現地に適応させる
海外工場の生産能力向上
 海外工場の製造力強化を図る場合、今までのように単に日本国内から設備を持ち込むのではなく、独自に開発したり、現地での調達を図らなければならない。

 (1)海外工場での設備開発・製作

  海外工場では、優秀な技術をもった共栄会社が少ないという理由で、部品を内製化する傾向にある。

 このため、製造技術の核となる部分だけは、独自で開発をすすめるべきである。

 こうすることで、新たな要素技術の開発・蓄積にもつながっていく。

 (2)設備の予防保全体制の確立

 核となる設備の独自開発や装置等の現調化にともない、その保全技術者の育成も急がれる。

 設備の予防保全管理、保全技術の習得を目的とした現地従業員教育に対し、日本国内の本社サイドは十分な支援を行うべきである。

参考 
この記事は製造コスト削減支援コンサルタント(株)ビッグ・ゲインのご協力を得て書いています。
関連記事 コスト削減支援コンサルタント:(株)ビッグ・ゲイン

効率的な情報収集、情報交換5

供ジ率的な情報収集、情報交換
海外工場
 海外工場の企業体質の強化をはかり、真の国際企業に成長させるためには、広い情報網を持ち、効率的な情報収集を行い、日本国内の関連部門や、他国へ進出している兄弟会社と情報交換を図ることが重要である。

 (1)海外工場における情報収集

   1.現地経済紙による経済情報の収集

   2.日本の経済紙による日本および国際情報の収集

   3.ジェトロからの情報収集

   4.現地工業会や現地の日本商社からの情報収集

   5.上記のいずれの場合も、収集の手段としてインターネットが大いに役立つ

  広く情報の収集に心がけ、特に為替、エネルギー、環境問題、原材料の動向、政治・経済の動きには記録等を残し、整理が必要。

  このことが、やがて工場経営に大きく影響してくる。

  日本人スタッフの派遣期間は、企業によっても異なるが5年が平均である。

  従って、後から来るスタッフの為にも、これは是非継続して欲しい。

 (2)日本国内との情報交換

   1.モノづくり技術情報の交換

   2.原材料の調達地域・調達価格情報の交換

   3.現地従業員の一般教育、スタッフ教育

   4.日本国内の法制度の改定(最近の傾向として、特に環境問題に関する法制度の改定は頻繁に行われている)

 (3)現地商社との情報交換

  原材料の調達国と調達価格、調達ルート、リードタイム、品質レベル等、互いの情報の交換を行う。

参考 
この記事は製造コスト削減支援コンサルタント(株)ビッグ・ゲインのご協力を得て書いています。
関連記事 コスト削減支援コンサルタント:(株)ビッグ・ゲイン
楽天市場