製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

コスト削減は企業経営において重要な要素ですね。会社に貢献するためには、社員がコスト意識を持ち、行動するとが大切です。しかし、経費削減、コスト削減といっても何から削減すればよいのかわからい。そんな悩みをお持ちの方も多いですね。製造業や工場の経費削減、コスト削減の事例や具体策、コスト削減の方法やコスト削減のアイデアを提案していきたいと思います。

標準

ストップウォッチを使って計測したものから、標準を決めていく。

製造業のコスト削減・アイデア・事例

ストップウォッチを使った計測は時間測定をする上で重要な役割をもっています。
なんらかの指標をもってやらないと

感覚的に早いよね

ということだけではいけません。

(感覚も大切ですが)

ストップウォッチを使って計測したものから、標準を決めていく。

そんな作業を行って、標準時間を決めましょう。

標準値は10回の計測の平均を採用するということでよいと思うが
工程が不安定な場合は、そうはいかない。

それは計測してみるとあまりにばらつきが多いことでわかる。

要するに
不安定な要素を見つけることで改善余地があることに気づく。

これを繰り返していくのである。
【送料無料】最強のコスト削減

標準原価計算と実際原価計算との関連

製造コスト削減用語集(は行)

標準原価計算と実際原価計算との関連

実際原価が“発生した原価”であるのに対し、標準原価は“発生すべき原価”であるといえる。

標準原価は、原価の達成可能な目標を、合理的・科学的手法に基づき、標準値という姿で設定した原価である。



 実際原価計算では、例えば前月の実際原価と当月の実際原価とを期間で比較し、原価管理に利用しようとする。

標準原価計算では、達成目標である標準原価と実際原価とを比較し、その差異を分析することによって、原価管理に利用しようとする。

“原価差異”を素早く把握し、改善策を施し、標準原価に近づけることが重要である。



他方、多機種を製造している企業において、機種別に実際原価が要求される場合もある。

この場合には、標準原価を基準として原価差異を加減することにより、算出する。

あくまでも、標準原価を基準として算出することが重要である。

もし、あまりに大きな原価差異が生じた場合には、標準原価の見直しが必要である。



常に標準原価を基準とし、管理の尺度とすべく、その精度向上に取り組む必要がある。



この記事は、(株)ビッグゲインの小田社長が実際に経営改善、コスト削減に取り組んだ事例を元にしています。

製造業のコスト削減を手がける(株)ビッグゲインへのお問い合わせはこちら

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−
製造コスト削減に関する用語を取りまとめた。
世界一わかりやすいコスト削減の授業

企業活動における時間管理の意義5

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

製造コスト削減用語集(か行)

企業活動における時間管理の意義

 作業者の行う作業が、全て効率的に行われたかを判断することは難しい。

熟練の作業者にしても、一日のうちで午前と午後とでは異なる。

従って作業者の行う作業が、企業が自ら決めた標準通りであるかどうかを判断する指標が、必要になる。

これが一般に言われる「標準時間」であり、出来高等の基準となる。

企業活動における「標準時間」は、機会損失を減少させるため現在実施可能な方法のうち、最も経済的な「標準の作業方法と時間」を設定し、これを基準にロスを測定するものである。

従って「標準時間」は、ロスがロスとして正しく把握できなければならない。

ロスの削減は、企業の永遠の課題である。

また「標準時間」は、従業員に労働強化を強いるものであってはならない。

このような意味合いから、「標準時間」は、従業員全員のものでなければならない。

ロスをはっきりと測定し、そのロスを削減する意欲を従業員に起こさせる。

さらに、次のステップとして、ロスでないものをロスとすること。

即ち、「標準時間」の短縮、向上である。

今までよりも、より良い作業方法が発見されれば、その差はロスとなる。

企業経営の合理性を判断する、重要な尺度が「標準時間」であり、この制度の維持、管理、向上が企業に求められる。

この記事は、(株)ビッグゲインの小田社長が実際に経営改善、コスト削減に取り組んだ事例を元にしています。

製造業のコスト削減を手がける(株)ビッグゲインへのお問い合わせはこちら



楽天市場