製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

コスト削減は企業経営において重要な要素ですね。会社に貢献するためには、社員がコスト意識を持ち、行動するとが大切です。しかし、経費削減、コスト削減といっても何から削減すればよいのかわからい。そんな悩みをお持ちの方も多いですね。製造業や工場の経費削減、コスト削減の事例や具体策、コスト削減の方法やコスト削減のアイデアを提案していきたいと思います。

受注生産

思い切って受注生産に切り替えてはいかがでしょう

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

製造業のコスト削減に取り組んでいますか?
改善に取り組んでいますか?
ほったらかしにしていませんか?

製造業のコスト削減は利益を生み出すために重要な役割を占めています。
今、取り組んでいる生産方式ややり方を根本的に改善することを考えてみませんか。

前回、思い切って受注生産に切り替えてはいかがでしょうと
経営判断を求めましたが。

なぜ、受注生産が良いのでしょうか。

顧客が希望する納期に間に合わせるためには、あらかじめ
製品を在庫として保管し、すぐに出荷できるようにしておくことが大切です。

部品の調達が、顧客が要求する納期より長いため、事前に調達する必要がある。

ことから在庫が増えていくことにつながります。

しかし、これは無駄な在庫が積みあがってしまうことにもなりかねます。

思い切って、受注生産に切り替えられないか。
という視点で考えて見ましょう。

大胆に改善するという考え方です。

最初から、できないと決め付けるのではなく
どうやったらできるかを考えることが先決です。
図解生産管理のすべてがわかる本

受注生産に思い切って切り替える

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

製造業のコスト削減により利益を生み出す仕組みづくりは
経営の重要なポイントです。

しかし、どのようにコスト削減をしたらよいかわからないというのが
本音でしょう。

そこで、コスト削減のヒントをやアイデアを紹介していきたいと思います。

需要を予測して生産をする目標生産を行っていませんか?

・過去の経験から、これぐらいの需要があると見込み生産している
・カンに頼り生産している
・これぐらいは作り置きしておかないと生産が追いつかない

など
さまざまな理由で、需要を見込んだ生産をしているという
工場も多いことでしょう。

正確な予測をいくらしても
予測なのであたらないのが当然です。

目標生産は、ムダを発生させえる原因です。

思い切って受注生産に切り替えることを考えて見ましょう。

従来のやり方を変えることは
みんな不安です。

しかし、不安だから取り組まないのでは、生産効率を高め
コスト削減を追求することはできません。

大胆に、考え方を切り替える。

これは、経営者の判断です。
受注生産勝利への方程式
楽天市場