製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

コスト削減は企業経営において重要な要素ですね。会社に貢献するためには、社員がコスト意識を持ち、行動するとが大切です。しかし、経費削減、コスト削減といっても何から削減すればよいのかわからい。そんな悩みをお持ちの方も多いですね。製造業や工場の経費削減、コスト削減の事例や具体策、コスト削減の方法やコスト削減のアイデアを提案していきたいと思います。

動作

付加価値を生み出している動作の中に、無駄がないかチェックする。

付加価値を生み出している動作の中に、無駄がないかチェックする。

付加価値を生み出しているように見える動作の中の無駄を見つけるのは、結構至難の業です。
付加価値動作と、それに付随動作に、分けてみると問題点が見つけやすいのです。

動作をしっかり観察して、分けるのです。

分けていると、ムダを見つけやすくなるのです。

つまり、付随動作をムダとみなして、別の方法を考えると
思わぬ無駄削減の動作が見つかるかもしれません。

今、付加価値を生み出している動作の価値をさらに高めるには、
今の、動作の見直しです。

付加価値を生み出し、うまく行っているわけですから、過去の成功体験を払拭するのは
相当、難しいのですが、このあたりに、ムダ削減の妙味があるといえます。



【送料無料】成果を上げるムダ取り事例50

どのような動作が価値を生んでいないか5

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−


作業を動作の連続として観ると、多くのムダが発見できます。

動作のムダを発見するポイントは、価値を生んでいない動作を見つけることです。

では、どのような動作が価値を生んでいないかを説明します。



Part.1 (4種類の動作)

保持、避けられない手待ち、避けられる手待ち、休む

これらの動作は、価値を生んでいません。



Part.2 (10種類の動作)

探す、検査、選ぶ、考える、前置き、頭を廻す、身体の向きを変える、歩く、立つ、座る

これらの動作は、たいていの場合Part.3の動作を遅くするものとして発生します。



Part.3 (8種類の動作)

空手の移動、掴む、荷重移動、位置決め、組み立て、使用、分解、放す

これらは作業の基本となる動作ですが、これとてもムダが潜んでいる場合があります。



ΑBefore、After”を数値化する

しっかり数値で把握し、その効果を明確にします。
【お取り寄せ】CW-K80[CWK80] カシオ タイトルプリンター 【楽ギフ_包装選択】

ビッグゲイン

動作経済の原則5

製造コスト削減用語集(た行)


動作のムリ・ムダ・ムラを除いて、作業者が最高の能力を発揮できるような作業方法について、改善原則として経験的にまとめられたもの。

動作経済の原則は、4つの基本原則とヒントからできており、その対象が

 ‘虻酳法

 ∈邏半貊

 治工具および機械

の3つに分けてまとめられている。


基本原則

.基本動作の数を減らす

 《ヒント》

  「探す、選ぶ、前置きを行っていないか」

 《着眼点》

  (1)不必要な動作を排除せよ・・・・・動作方法

  (2)目の動きを少なくせよ・・・・動作方法

  (3)2つ以上の動作の結合を考えよ・・・・動作方法

  (4)材料や工具は、作業者の前方の効率的な場所に置け・・・・作業場所

  (5)材料や工具は、作業順序に合わせて置け・・・・作業場所

  (6)材料や工具は、作業しやすい状態に置け・・・・作業場所

  (7)材料や部品が取りやすい容器や器具を利用せよ・・・・治工具及び機械

  (8)機械の移動方向と操作方向を同じにせよ・・・・治工具及び機械

  (9)2つ以上の工具は、1つに結合せよ・・・・治工具及び機械

  (10)治具への締め付けには、動作数の少ない機構を利用せよ


.動作を同時に行う

 《ヒント》

  「待ち、保持が発生していないか」

 《着眼点》

  (1)両手は同時に動かし始め、同時に終われ・・・・・動作方法

  (2)両手は同時に反対、対象方向に動かせ・・・・・動作方法

  (3)両手の同時動作が出来る配置にせよ・・・・・作業場所

  (4)対象物の長時間保持には、保持具を使用せよ・・・・・治工具及び機械

  (5)力を要する作業には、足(脚)を使う治具を利用せよ・・・・・治工具及び機械

  (6)同時動作が出来る治具を考えよ・・・・・治工具及び機械




.動作の距離を短くする

 《ヒント》

  「不必要な大きい動きで行っていないか」

 《着眼点》

  (1)動作は、最適最低身体部位で行え・・・・・動作方法

  (2)動作は、最短距離で行え・・・・・動作方法

  (3)作業域は、作業に支障がないかぎり狭くせよ・・・・・作業場所

  (4)材料の取り出し・送りには、重力を利用した器具を利用せよ・・・・・治工具及び機械

  (5)機械の操作位置は、動作の最適最低部位で行え・・・・・治工具及び機械


.動作を楽にする

 《ヒント》

  「要素動作の数を減らせないか」

 《着眼点》

  (1)動作は、制限のない楽な動作に近づけよ・・・・・動作方法

  (2)動作は、重力や他の力を利用せよ・・・・・動作方法

  (3)動作は、慣性や反発力を利用せよ・・・・・動作方法

  (4)動作の方向やその変換は、円滑にせよ・・・・・動作方法

  (5)作業位置の高さは、最適にせよ・・・・・作業場所

  (6)一定の運搬経路を規制する為に、治具やガイドを利用せよ・・・・・治具及び機械

  (7)握り部は、掴み易い形にせよ・・・・・治具及び機械

  (8)見える位置で楽に位置合わせ出来る治具にせよ・・・・・治具及び機械



この記事は、(株)ビッグゲインの小田社長が実際に経営改善、コスト削減に取り組んだ事例を元にしています。

製造業のコスト削減を手がける(株)ビッグゲインへのお問い合わせはこちら

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−
製造コスト削減に関する用語を取りまとめた。
楽天市場