製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

コスト削減は企業経営において重要な要素ですね。会社に貢献するためには、社員がコスト意識を持ち、行動するとが大切です。しかし、経費削減、コスト削減といっても何から削減すればよいのかわからい。そんな悩みをお持ちの方も多いですね。製造業や工場の経費削減、コスト削減の事例や具体策、コスト削減の方法やコスト削減のアイデアを提案していきたいと思います。

人材

必要な部署に必要な人材が揃っているのか

必要な部署に必要な人材が揃っているのか。

このことについて考えてみたい。

工場で作業をする肯定を見直して、必要な人員を配置するということは
このブログをよんでいる方ならやっていると思う。

しかし、今回のテーマは

必要な部署に必要な人材が揃っているのか

ということである。

つまり、適材適所である。

優秀な人材を、その能力が発揮されることのない部署でくすぶっていないか?
それまで何十年も経験してきたことを、生かされない部署に配置していないか?
好みや派閥で人員配置をしていないか?

ということを投げかけてみたい。

人は適材適所であれば
少々の苦労もなんのその、力を発揮するのである。

楽しく、生き生きと働くのである。

そのような環境を提供しているのか
考えていよう。

そして、どうすればいいのだろうか?

やり方はいくつもある。



以前に書いたエマジェネティックスを使うのも1つだ。
会社などの大きな組織は、派閥ができやすい。
その派閥に所属する人を、エマジェネティックスで分析すると
同じ優位性を持つ人材で構成されていることが多い。
つまり、ある分野は得意な人が、集団でいるのである。

裏返して考えると、
不得意な分野も同じなのである。

このことは、経営にとってはプラスに働かない。
高度成長時代ならこのような問題はないのだが、
不況下でさらに成熟した市場の中で、失われたパイの中で
競争を繰り返しているのだから、今までのやり方ではなく
違うアプローチが必要なのである。

そのような考え方を持つために
エマジェネティックスのような方法を取り入れるのも手段である。
【送料無料】一瞬で人間関係を作る技術エマジェネティックス [ 中村泰彦 ]

これでは国力は減衰する。

製造業・工場のコスト削減の事例・方法・アイデア

コスト削減のアイデアといっても
アイデアレベルの話ではありません。

日本の大手メーカーが新興国市場への対応を見誤ったことによる
影響が今なお続いてる。

日本のお得意芸だったよい製品を作るということ、最高の品質を作るということ
では新興国市場に受け入れられないのである。

最高の品質のものまで必要ないというのが本当のところ。
それより、必要なものがついていて、それ以外の不要なものがないものがよい。

例えば、カギつきの冷蔵庫。中身を盗まれることのにようにカギがかけられるもの。
演技のいい鮮やかな色をつかったもの。
お時間になるとコーランが流れるテレビなど

このように、それぞれの文化や習慣に対応した製品を作って提供することが
これからの日本の将来い必要なことだろう。

そのような各国の文化に対応する技術は、高度な製品をつくることができる
日本メーカーにとっては比較的たやすいことだろう。

ニーズを見極めて
しっかりした製品をつくることが大切である。

そのような対応が求められる日本メーカーだが
不況による影響は多きく、泣く泣く、人員を削減しなければならない事態となっている。
不況だからといって、泣く泣くリストラではなく、管単にリストラしてしまうような
会社は、この時代を生き残っていくとは考えにくい。

優秀な人材は、さっさと辞めていくのである。

これでは国力は減衰する。
【送料無料】 人材育成の超プロ が書いた気づく人気づかぬ人 / 佐藤英郎 【単行本】
楽天市場