製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

コスト削減は企業経営において重要な要素ですね。会社に貢献するためには、社員がコスト意識を持ち、行動するとが大切です。しかし、経費削減、コスト削減といっても何から削減すればよいのかわからい。そんな悩みをお持ちの方も多いですね。製造業や工場の経費削減、コスト削減の事例や具体策、コスト削減の方法やコスト削減のアイデアを提案していきたいと思います。

人員

人を減らすことが合理化であるという間違い

人を減らすことが合理化であるという間違い


大手企業の第二クオーターの決算報告がでた。
大手家電メーカーの赤字の大きさに驚くばかりである。
人員減らしも深刻だ。

地域における雇用が数百人規模でなくなるわけだから
その地域は大変である。

地域も大変だが、何よりその本人の生活が大変である。

企業・工場を経営するというスタンスで
このことを捕らえても、本当に心苦しい。

できるならば雇用を続けたい。

というのが本音だろう。
しかしながら、このまま雇用を続けても赤字が膨らむばかりで
このまま雇用を延長すると、倒産ということに直面してしまうのである。

できるなれば雇用をつづけてもらいたい。
なぜならが、リストラを発表すると、優秀な人材が率先して辞めていくということがあるからだ
その理由はさまざまだとしても、優秀な人材がやめていくのだから
会社の力はそぎ落とされていくのだ。

この事実をもっと真剣に捉えてはいかがだろう。

そして、その人材が再雇用されるかといっても
希望する年収や職種がない場合もある。
優秀ならば、自分ではじめるとうこともあるだろう。

しかし、少し前の動向を見ていると
海外企業に流出した人材というのが多い。

そのことにより、海外企業の競争力が強くなり、日本企業との差が縮小してしまうのである。

しかしながら、この流れはとめられない。

好景気で人手不足なら、多くの優秀な人材に入ってもらいたいが入社してもらえずといった
時代もあれば、

不況になると、手のひらを返したように、人件費が会社に重くのしかかり、辞めよといわんばかりの
対応になる。

そんな会社が持続的な成長をするのかというと
大きな疑問が残る。

これからどうしたらよいのだろうか
経営者の苦悩はつづくことだろう。

【送料無料】人材育成の教科書 [ 中尾ゆうすけ ]

配置する人数は、現場監督にとっては悩みの種である。

現場に配置する人数は、現場監督にとっては悩みの種である。



コストを削減するために人数を減らしたい。

しかし、減らすと生産のピーク時に人手が足らなくなり、生産計画どおりの生産ができなく
よけいいコストがかかってしまう。

また、人員配置を減らすことができない要因に、作業場所のロケーションが違うことである。
ここでいうロケーションとは、部屋が違うというものである。

部屋が違うからどうしても人員配置が固定になってします。

しかし、よく見るとピーク時は忙しくしているのだが、それでも仕事が少ない工程や
仕事がない工程があるときがあるのである。

これは、現場をじっくり見ることが何より大切である。

それでもロケーションが違うから、手の施しようがないという結論にいたる。

たとえば、

・壁を取り壊せないかと考えてみる。
壁を取り壊せれば、ラインの見直しにつながる。

そうはいっても
簡単に壁を取り壊せるほど簡単な話ではない。

・他の工程をサポートしにいけばよい。
これもそうそう簡単にはできない。

簡単ではないが、できないかとまずは考えることが大切である。

上記2つは難しいのなら、せめて前後の工程をフォローすることができないか考えてみよう。

全工程の作業をマスターすることは難しくとも
前後の工程のフォローならなんとかなるのではないかと考えてみるのである。

これらの取り組みをすることで、生産性が向上するのからやってみる価値はある。
【送料無料】日系中国工場作業員観察記


楽天市場