製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

コスト削減は企業経営において重要な要素ですね。会社に貢献するためには、社員がコスト意識を持ち、行動するとが大切です。しかし、経費削減、コスト削減といっても何から削減すればよいのかわからい。そんな悩みをお持ちの方も多いですね。製造業や工場の経費削減、コスト削減の事例や具体策、コスト削減の方法やコスト削減のアイデアを提案していきたいと思います。

ムダ

今日は、ムダをとるです

製造業・工場のコスト削減の事例・方法・アイデア

工場のラインのつくり方、見直しについて
何回か書いてきました。
今まで書いてきたことそれぞれが重要だと思います。
当たり前だということを書いていますが
それが、なかなかできないのです。
特に中小企業の場合はです。

さて、今日は、ムダをとるです。

今回もあたりまだという反応がありますが
すべての作業をタイムを計るなど、工数を把握しましょう。
これらのことはとても重要です。
要素単位に作業を分解して、作業内容を把握することでコストが削減されるのです。

50円のコスト削減と100円の値上げでは、どちらが儲かるか? 読むだけで「儲かる会社の秘訣」が...

そこにコスト削減のコツ

製造コストの削減のために、無駄な動作をなくすのは難しいです。

前回、付加価値を生み出している動作を見直し、無駄を省くことの難しさを書きました。
たしかに、現在採用している方法を変えるわけですから、難しいです。

しかし、そこにコスト削減のコツがあるといえます。

今、うまくいっている動作を根底から代えるのは、なかなか難しいですが
コスト削減という目的のために、やるしかりありません。

東日本大震災という痛ましい震災と原発事故によりきわめて厳しい状況におかれています。
福島だけの問題ではありません。
この厳しい状況を打破するためには、今できることをコツコツと積み重ねていく以外
解決策はありません。

【送料無料】成果を上げるムダ取り事例50

付加価値を生み出している動作の中に、無駄がないかチェックする。

付加価値を生み出している動作の中に、無駄がないかチェックする。

付加価値を生み出しているように見える動作の中の無駄を見つけるのは、結構至難の業です。
付加価値動作と、それに付随動作に、分けてみると問題点が見つけやすいのです。

動作をしっかり観察して、分けるのです。

分けていると、ムダを見つけやすくなるのです。

つまり、付随動作をムダとみなして、別の方法を考えると
思わぬ無駄削減の動作が見つかるかもしれません。

今、付加価値を生み出している動作の価値をさらに高めるには、
今の、動作の見直しです。

付加価値を生み出し、うまく行っているわけですから、過去の成功体験を払拭するのは
相当、難しいのですが、このあたりに、ムダ削減の妙味があるといえます。



【送料無料】成果を上げるムダ取り事例50

探すことをなくす

コスト削減は重要な要素です。
とりわけ今年は電力需要が逼迫するのを回避するために
よりコスト削減を考えなくてはなりません。

そこで、生産中のムダを徹底的に削減する取り組みが求められます。

そこで、コスト削減の基本です。

実践している工場では
あたりまえかもしれませんが、そのあたり前が
できてるのとできていないのでは、大きな溝があります。

探す

このことに注目してみましょう。

探すという作業は、かなりのムダです。

必要なところに必要なものがいつもあればよいのですが
なければ、さがさなければなりません。

ちょっとした不注意で、いつもと違う場所においてしまって
わからなくなった。

ということのないように
探さないようにすることです。

探すという動作は、大きなロスを生み出します。

肝に銘じて、探すことのないような仕組みを徹底しましょう。

管理監督者も、ムダを見つける眼力をつけなければなりません。

コスト削減は夏場の電力需要を確保するために重要な役割を担います。
ちょっとでも手を抜けば、より大きな問題となって、その会社や、日本全体にまで影響を与えかねない問題に発展する可能性があります。

ちょっと不謹慎でありますが
この厳しい状況を機会をとらえ、達成すれば、世界における省エネ生産国として
重要なステージに立て、利益が得やすい体質の企業群になれます。

これを乗り切らなければ・・・どんなことになるか。
このシムレーションはやめておきましょう。

手待ちのムダを顕在化する方法を前回書きました。
この手待ちのムダを顕在する方法だけでは、ムダは顕在化しにくいのです。

それは、作業をしている方が、あきらかに手待ち状態であるのなら
判明しやすいのですが、それを第3者が見つけることが重要なのです。

送料無料!ポイント2倍!!【書籍】コスト削減の罠

つまり、管理監督者が作業員の動きの中から問題を見つけるのです。
管理監督者も、ムダを見つける眼力をつけなければなりません。
眼力がないと、無駄をムダをわからずに、見過ごしてしまうのです。

これでは、せっかくの取り組みも意味をなしてしまいません。

管理監督者がコツをつかむまで、コスト削減のプロや先輩たちに依頼するのも
その1つです。OBや、企業でコスト削減を徹底していた人物などに教えを乞うのです。

ムダとりをするための眼を養うまで、協力を仰ぎ、取り組んでみてはいかがでしょうか。

今回は、その絶好の機会です。
こんな厳しい目標を達成する機会はそんなにありません。

クリアすれば、その先に何が待っているのか
考えてみてはいかがでしょうか。

手待ちのムダを顕在化することによりムダを見つけやすくすることができる。

手待ちのムダを顕在化することにより
ムダを見つけやすくすることができる。

この信念をもって、工場内の雰囲気を変えることができれば
本当に、ムダが見つけられます。

どのような手待ちがあるのかによって、
問題が見えてくるのです。

・前工程から流れてこない
・わずかの手待ちが発生している
・設備の稼動監視をしている

という例が挙げられる。

前工程から流れてこないのなら、欠品しているかもしれない。
問題は、それより前の工程で起こっているのである。

わずかな手待ちが発生するというのは、
生産が安定していなく、妙なアンバランスが発生している。

送料無料!ポイント2倍!!【書籍】コスト削減の罠

このようなムダが見えてくれば、しめたものである。

この問題を解決することにより、コストが削減できるのである。
このように、ムダを見つけるために、従業員の作業に目を向け
その工程の中から答えを見つけ出すということをしてみてはいかがでしょうか。

小さなことの積み重ねにより
大きな問題が解決するのです。

株式会社BIG GAINは、コスト削減を達成し、利益をあげるためのコンサルタントです。

無駄を見つける管理責任者の眼力!

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

無駄を見つける管理責任者の眼力!

手待ちのムダは表面化しにくいものです。
手待ちがあるときって、作業をしがちです。
何かしていないとサボっているように思われる。
そんな心理が働いてしまいがちです。

ですから
手待ちがあるときって

今、手待ちです。

といってくれるわけではないのです。

ムダを見つける作業は、
管理責任者の眼力にかかっているのです!

といってしまうと
管理責任者の責任は重大です。

こんなムダを見つけられないのか!
と怒ることもあるかもしれませんが

ムダを見つける眼力を育てる視点も重要です。
1つムダとりができれば
その応用でこと足りるかもしれません。

しかし、これは訓練です。

先輩方からアドバイスをもらいつつ
ムダをとる眼を養いましょう。
最新原価管理とコスト削減がよ?くわかる本

集中力を高めるためにムダな考えを排除

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

探す、選ぶ、考えるという作業を廃し、集中力をたかめ
生産性の工場を図る。

こんな考えで取り組みをしましょうと
前回まで進んできました。

今回は、考えるという作業についてです。

人間ですから、考えることをしなくなるというのは
難しいかもしれません。

考えることをなくすというのは、
なかなかできるものではありません。

作業の中で、本来考えなければならないのは
品質の向上です。そこに考えを集中させなければいけないのです。

つまり

ムダな考えを起こさないようする。
本来やるべき作業に集中できるように考えることが大切です。

このような仕組みとなるように
ムダな考えを起こさず、品質の向上を考え、集中し、実行するように
仕組み化しましょう。

コスト削減の“見える化”

探す作業をなくしムダをなくす

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

前回、探す、選ぶ、考える作業をなくしましょう。
という話をしましたが

それぞれ、どのような考え方で取り組めばよいのかを
解説していきたいと思います。

探す作業

工具や部品が、いつも、その場所になければ
探すという作業が発生します。

私は自宅で、めがねを置く場所を決めているのですが
何かをするために、慌てていつもと違う場所に、めがねを置いたとき
探します。

でかけなければならないときなど
大変です。

大慌てに・・・。

余談はこの程度にしてと

それと同じく、仕事でも探す作業を発生させていては
生産に悪影響を及ぼします。

探す作業をしなくてすむようにするには
どうすればよいか。

この視点を持って、取り組んでみましょう。
最強のコスト削減

扉のない書庫・棚

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案

製造業のコスト削減のための方法やアイデアを提供し
経費削減を実現することにより利益を出しやすい体質の会社、工場にするための
話題を提供していきます。

些細なことから
本格的なことまで
コスト削減のヒントとなればと思います。

製造現場には日常で使っている消耗品、図面など書庫に納められていることが
多いと思います。

それらの書庫には、扉がありますか。

現場に置く書庫は

1.扉がある
2.扉がない

の2つなら
扉がないものにすべきです。

必要なものをすぐに取り出すためには、
扉がないものがいいのです。

また、ムダや隠してしまう要因にも
なりかねません。

扉のない書庫を選びましょう。

書庫というより、棚ですね。

コスト意識』とは?5

コスト意識』とは?



私が述べるコスト意識について明確にしておきます。



私はコスト意識には、広義と狭義の意味があると考えています。


広義には、『経営者のコスト削減Way』。

狭義には、『従業員のコスト削減Way』です。



ビッグゲイン

自社のMan-Rateを知っている5

前回のコスト意識調査を実施しましたか。


質問のГ法崋社のMan-Rateを知っている」があります。

よくセミナーの参加者にこの質問をすると、多くの方が誤解されているのに驚きます。

数式で言うと、分子に人件費がきます。

これは、年間給与、賞与・手当、福利・厚生、他の合計です。

多くの方は、分母に年間の勤務時間をもってきます。

ここで誤解されています。

この勤務時間の中には、作業をしない時間(=付加価値をつけない時間)も含まれています。

休憩時間や朝会、片付け、棚卸、修理・整備、切り替え、他等の時間です。

これらの時間は、人件費は発生しますが何も生産しません。

従って、分母は勤務時間から非作業時間を減じた直接作業時間にすべきです。

これが、“真のMan-Rate”と言えます。

世界初!!?LEDライト看板で書いて消せる!?省エネタイプコマーシャルボード 看板  サイズ...

あなたの『コスト意識』調査5

あなたの『コスト意識』調査



以下の質問に答えてみてください。



   悒灰好箸箸蓮』という質問にすぐ答えられる

  ◆悒灰好醗媼韻箸蓮』という質問にすぐ答えられる

  『時間や労力もコスト』という自覚をもっている

  て々、業務日誌或いは予定表等を記入している

  シ遏垢了業計画に対し、毎月フォローしている



  Α悒爛蝓Ε爛澄戮魄媼韻靴董排除した仕事をしている

  Ъ社のMan-Rateを知っている

  ─悒灰好蛤鏝此戮良要性を従業員に説いている

  自社の原価構成要素のトップ3を把握している

  社内にコスト削減提案制度を導入している



  自社の変動費の割合を常に把握している

  自社の固定費の割合を常に把握している

  これらを引き下げる努力をしている

  自社の損益分岐点を把握している

  自社に原価計算制度を導入している

如何ですか?

15項目の質問に対し、どれだけチェック出来ましたでしょうか?

送料無料樹脂製パレット(軽量タイプ)樹脂パレット D4-1111-7[11枚セット] 【1枚単価@¥2960】

停滞のムダ 5

製造コスト削減用語集(た行)

(1)作業域に工程待ちの部材、仕掛品が溜まっている。
(2)保管中の部材の管理不備による破損、紛失。
(3)頻繁な生産計画変更によって発生した部材、仕掛品
造りすぎのムダ
(1)機械を遊ばせないという理由から、生産計画を無視した造りすぎ。




この記事は、(株)ビッグゲインの小田社長が実際に経営改善、コスト削減に取り組んだ事例を元にしています。

製造業のコスト削減を手がける(株)ビッグゲインへのお問い合わせはこちら

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−
製造コスト削減に関する用語を取りまとめた。

設備を使いこなさないムダ5

製造コスト削減用語集(さ行)

設備を使いこなさないムダ

(1)機械の能力を一杯まで引き出さないで使用している。

(2)機械を購入したままの状態で、改善が全く加えられておらず、完全な自社の仕様になっていない。



この記事は、(株)ビッグゲインの小田社長が実際に経営改善、コスト削減に取り組んだ事例を元にしています。

製造業のコスト削減を手がける(株)ビッグゲインへのお問い合わせはこちら

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−
製造コスト削減に関する用語を取りまとめた。


楽天市場