製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

コスト削減は企業経営において重要な要素ですね。会社に貢献するためには、社員がコスト意識を持ち、行動するとが大切です。しかし、経費削減、コスト削減といっても何から削減すればよいのかわからい。そんな悩みをお持ちの方も多いですね。製造業や工場の経費削減、コスト削減の事例や具体策、コスト削減の方法やコスト削減のアイデアを提案していきたいと思います。

ヒント

多品種少量生産のヒント

製造業・工場のコスト削減の方法などを紹介しています。

今回は、多品種少量生産を考えてみたいと思います。

いまや多品種少量生産をしている企業は多いですね。
迅速に対応するために段取り替えをいかに迅速にするかに挑戦したり
企業によって戦略はさまざまですが、対応しています。

中には、一番川下のサービスをしていいた会社が、どんどんどんどんと
川上へたどり着き、仕組みをつくるという取り組みをしている企業もあります。
この企業は、コスト削減のレベルを超え、マーケットスタンダードを作ることで
自社の競争優位性を自ら作り出すという取り組みをしているのです。

本当なら、世界のスタンダードをつくることができればいいのですが・・・。

そう簡単にもいかないので、話をもとに戻します。

多品種少量生産をやるぞ!といってもなかなか難しいです。
そんなとき、このような考え方をしてみてはいかがでしょうか。

それは、急ぎの製品を流すことで
対応力がわかりますよ。

そして、急ぎの製品のために
計画していた製品が犠牲になっていると思います。

ここに多品種少量生産のヒントがあります。
改善点も見えてくるでしょう。
【1000円以上送料無料】多品種少量生産の生産管理改善/五十嵐瞭【100円クーポン配布中!】

受注生産に思い切って切り替える

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

製造業のコスト削減により利益を生み出す仕組みづくりは
経営の重要なポイントです。

しかし、どのようにコスト削減をしたらよいかわからないというのが
本音でしょう。

そこで、コスト削減のヒントをやアイデアを紹介していきたいと思います。

需要を予測して生産をする目標生産を行っていませんか?

・過去の経験から、これぐらいの需要があると見込み生産している
・カンに頼り生産している
・これぐらいは作り置きしておかないと生産が追いつかない

など
さまざまな理由で、需要を見込んだ生産をしているという
工場も多いことでしょう。

正確な予測をいくらしても
予測なのであたらないのが当然です。

目標生産は、ムダを発生させえる原因です。

思い切って受注生産に切り替えることを考えて見ましょう。

従来のやり方を変えることは
みんな不安です。

しかし、不安だから取り組まないのでは、生産効率を高め
コスト削減を追求することはできません。

大胆に、考え方を切り替える。

これは、経営者の判断です。
受注生産勝利への方程式
楽天市場