製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

コスト削減は企業経営において重要な要素ですね。会社に貢献するためには、社員がコスト意識を持ち、行動するとが大切です。しかし、経費削減、コスト削減といっても何から削減すればよいのかわからい。そんな悩みをお持ちの方も多いですね。製造業や工場の経費削減、コスト削減の事例や具体策、コスト削減の方法やコスト削減のアイデアを提案していきたいと思います。

コスト削減

もったいない活動の推進 5つのポイント

もったいない活動の推進によりコストを削減する。

この取り組みをすることで、利益の上がる体質の会社にする。
ということは、頭では理解できますよね。

経費の効果的・効率的な使い方をするのがポイント

ここで考えたいのは、
効果的・効率的な使い方とは何かである。


よく経費を削減することだけを目的にすると
必要なものまで削減するというケースもある。

これには注意が必要だ。


1.投資すべきことには、投資し、無駄な経費は使わない。
2.明るく取り組むこと。

まずは、この2つがポイント。


それを実践するためにはどうしたらよいか。

社員の意見を聴くというステップもポイントです。
いくら社長だけが言っていても、改善しない。

そこで、社員から

3.「もったいない」と感じること、改善策を募集する。

という参加型の取り組みにつながればよい。

それがひいては、会社の利益につながり、まわりまわって
社員の懐に、間接的に還元されるのです。
経営者にとってもよいことですね。


4.もったいない取り組みの検証
せっかく、「もったいない」活動を推進しても
効果があったのか、なかったのかがわからないと
取り組む意欲もわかない。

そこで、必ず検証をしよう。

一人当たりの改善効果を出すと

大きな会社だと、これだけの効果があるということを発信できる。

5.動機付けと成果
これを目に見えるものにする取り組みと、
経営者は社員にすべてをまかせるだけではなく、取り組みの推進。
総務課は、成果の検証か効果の見える化
これらを一丸となって取り組むことが大切です。










今日は、コスト削減を経営の視点から考えて見ましょう。

今日は、コスト削減を経営の視点から考えて見ましょう。



経営の視点とはどういうことなのでしょうか?

・日々、コスト削減に取り組んでいる。
・これ以上のコスト削減は不可能。
・やることが見つからない。

など

日常的にコスト削減をしていると
手元のことは見えるのですが
大きな視点でのコスト削減を見落としてしまいかねません。

そこで、大きな視点からコスト削減を見直してみましょう。
何も、日常のコスト削減が悪いわけではなく、
継続的にすることは大切です。

日々のコスト削減で削減するのを数パーセントできるかと思いますが、
今回は、思い切って40%コストを削減するというような

数値目標を定めて削減方法を考えて見ましょう。






いかがでしょうか。

難しいですよね。
いきなり40%の削減を目指せって!?


これは考える訓練でもあります。
今までの視点から離れて、
40%のコストを削減する方法を考えだしてください。


そうすれば、
いままでとは全く異なる方法で
新たなコスト削減の方法が見出せるかもしれませんよ。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】50円のコスト削減と100円の値上げでは、どちらが儲かるか...

人を減らすことを念頭において

前回の記事で、「コスト削減=生産性向上」につながるように
0.以下の工数をどうするのか考えよという記事を書いた。

まわりくどい書き方をしてので
あらためて明確に書くと

人を減らすことを念頭において、0.以下の工数を考えるのがポイントです。

しっかり意識して改善をしてください!!

余った時間をどう活かすかが重要です。

製造・工場のコスト削減をテーマとしていますが
これは生産性の向上を考えてのものです。

生産性をあげるためにひとつひとつの作業を見直し、改善することで
ムダを省き、作業を早く終了させることを目指し、その余った時間を
いかに活用するかが生産性の向上につながります。

余った時間をどう活かすかが重要です。

余った時間であなたなら何をしますか?

・明日の分の生産をする。
・早く帰る。
・掃除する。

など
いろんなことを考えますが
余った時間の工数の内訳をみて
1.○人分の0.以下の工数を何とかできないかと考えてみると
解決策が見出されるかもしれません。

0.以下があるということは、2人で作業をしなければなりません。
それを1人でできるように工程を考えたり、見直しをしていくのです。

そうすることで、最終的に人を減らしてコストダウンにつながるのです。

コストダウン=生産性の向上

となるようにしていくことが大切です。


明日の分の生産をするというのは、ムダな生産につながりますし、
早く帰るというのも、賃金に影響しますし、
掃除をするのも一過性ですし・・・。

【送料無料選択可!】食品工場の品質管理 生産性向上と顧客満足を実現する (単行本・ムック) / ...

職人気質の方って、どうしてこうなのよ!?

職人気質の方と話をしていて
ほかにも粗利で赤字の方をまた出くわしました。

これって恐ろしいことです。

この方も、相変わらず労賃のことが理解できていません。



職人気質の方って、どうしてこうなのよ!?






職人気質の方が全員そうとはいいませんが
なぜなのよ!!!

この方は、お客様へ最終製品を提供していますが
言葉の端々から、そうとう値段や根付けで苦労されていて
いつもこの本人がいう値段で決まったことは一度もなく、非常に弱気な根付けです。

つまり、売上総利益で赤字なのです。
これでは、経営できません。

この方も創業半年の方です。

生活ができないので、夜はアルバイトをされています。
これでは、事業をやらないほうがましです。
いまどきの大学生でもアルバイトをして1年に100万円ほど利益を稼いでる学生もいるぐらいです。

どうすればお客様で、よろこんでもらえる商品を提供できるのか?です。
これは、コスト削減以前の問題です。

この問題を解決してからコスト削減に取り組むことにしています。
しかし、なかなか経営者は変わらないんですよね。

約一ヶ月経過して、少し、自社の強みが理解できてきたようです。
油断するとすぐに値段で勝負になりがちです。
経営者の意識改革は難しいです。

スーパー・節電・コスト削減・スポットライト

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

今日は、製造業の現場から離れ、身近なスーパーの例をあげたいと思う。
とりわけ寒さが厳しくなってきたこの季節だからこそ、コスト削減を徹底すべきである。

なぜ、この寒さが厳しい季節にコスト削減を徹底するかというと
それは、節電のためである。

節電のためにコスト削減を徹底する。

この節電には、人のかかわる箇所が多い。
どんなところに目を向けるとよいのだろうか。

食品スーパーなら、食品を販売するスペースの照明に目を向けたい。
とりわけ売りたい目玉商品がある時、その場所にはスポットライトを充てがちである。
売りたい目玉商品には、スポットライトが煌々とあたりすぎている場合があるのだ。

その箇所の明かりを度数で表すものを充ててみるとよくわかる。
十分な光量があるにもかかわらず、注目を浴びせ売りたいという思考が働くのである。

スポットライトなしでも十分な明かりがある場合、
わずかなスポットライトで十分な場合など状況はさまざまだが

スポットライトに目を向けて節電対策をしてもよいだろう。

【ポイント10倍対象外】【送料無料】スポットライト 天井照明 フロアライト ライト デザイン照...

スポットライトの電球をLEDにするということもありです。

次回は冷蔵庫スペースを考えたい。

ストップウォッチを使って計測したものから、標準を決めていく。

製造業のコスト削減・アイデア・事例

ストップウォッチを使った計測は時間測定をする上で重要な役割をもっています。
なんらかの指標をもってやらないと

感覚的に早いよね

ということだけではいけません。

(感覚も大切ですが)

ストップウォッチを使って計測したものから、標準を決めていく。

そんな作業を行って、標準時間を決めましょう。

標準値は10回の計測の平均を採用するということでよいと思うが
工程が不安定な場合は、そうはいかない。

それは計測してみるとあまりにばらつきが多いことでわかる。

要するに
不安定な要素を見つけることで改善余地があることに気づく。

これを繰り返していくのである。
【送料無料】最強のコスト削減

ストップウォッチで無駄を見つける

製造業・工場のコスト削減の事例・方法・アイデア

ストップウォッチによる動作の分析。

どこにでもある積み木。レゴでもいいです。
これを使って、こんな形を作ってみてと作業したことがあります。

目標の形をつくるために、効率よく作ることを考えてというのがポイントでした。

自分なりに考えて、工作してみたところ、何十秒だったから忘れましたが
自分なりには結構いいタイムだったと思いました。

何回かチャレンジしているうちに
タイムも少し縮まりました。

その後、参考例なる作成方法をやってもらうとものすごく早い!

自分では気づかなかった箇所があったのを気づくことができました。

このように時間を測定して無駄を見つけること、無駄に気づくことが大切ですね。
ストップウォッチは必須アイテムです。

付加価値を生み出している動作の中に、無駄がないかチェックする。

付加価値を生み出している動作の中に、無駄がないかチェックする。

付加価値を生み出しているように見える動作の中の無駄を見つけるのは、結構至難の業です。
付加価値動作と、それに付随動作に、分けてみると問題点が見つけやすいのです。

動作をしっかり観察して、分けるのです。

分けていると、ムダを見つけやすくなるのです。

つまり、付随動作をムダとみなして、別の方法を考えると
思わぬ無駄削減の動作が見つかるかもしれません。

今、付加価値を生み出している動作の価値をさらに高めるには、
今の、動作の見直しです。

付加価値を生み出し、うまく行っているわけですから、過去の成功体験を払拭するのは
相当、難しいのですが、このあたりに、ムダ削減の妙味があるといえます。



【送料無料】成果を上げるムダ取り事例50

探すことをなくす

コスト削減は重要な要素です。
とりわけ今年は電力需要が逼迫するのを回避するために
よりコスト削減を考えなくてはなりません。

そこで、生産中のムダを徹底的に削減する取り組みが求められます。

そこで、コスト削減の基本です。

実践している工場では
あたりまえかもしれませんが、そのあたり前が
できてるのとできていないのでは、大きな溝があります。

探す

このことに注目してみましょう。

探すという作業は、かなりのムダです。

必要なところに必要なものがいつもあればよいのですが
なければ、さがさなければなりません。

ちょっとした不注意で、いつもと違う場所においてしまって
わからなくなった。

ということのないように
探さないようにすることです。

探すという動作は、大きなロスを生み出します。

肝に銘じて、探すことのないような仕組みを徹底しましょう。

遮熱塗料、断熱塗料を活用することで、省エネ対策

真夏の暑さ対策が重要な鍵に。

コスト削減を考える話題を提供していますが、今年はとりわけ

節電

が重要です。

電力需要を分散するなどの対策をとりますが、
工場においても節電対策を徹底しなければなりません。

東日本大震災から復興するために、
私たちがなすべきこと、工場でできることを徹底対策しましょう。

経済産業省の電力需給対策のHPもあります。
これらは家庭での対策ですが、工場でも取り組みましょう。
経済産業省 節電-電力消費をおさえるためには-

今回紹介するのは省エネ効果のたる遮熱塗料・断熱塗料です。

◆クールタイト工法
 近赤外線領域の波長を反射させることで、透過する熱量を少なくするというものです。
 これを工場の屋根に塗ります。

 メカニズムはこちらです

クールタイトSi 淡彩色 16kg エスケー化研【4月26日6時から5月8日23時までポイント最大5倍!!】

価格はいい値段ですが、イニシャルコストを書け、電気使用量が減ることでランニングコストを下げることができるので、節電対策によいです。

◆太陽熱高反射塗料(日本ペイント)
 赤外線を反射することで、以下のようなメリットを享受できます。

メリット
その1 省エネ・空調コスト削減
     夏場の冷房にかかるエネルギーを節約できます。
その2 夏場のピーク電力を下げるため、空調コスト削減に寄与します。
その3 作業環境の改善 空調無しの場合に比べ夏場昼間の平均室温が下がる
     真夏の職場環境改善・室内温度が緩和できます。
その4 CO2削減 空調エネルギーの削減がCO2排出削減となり、環境貢献に繋がります

というようなメリットを得ることができる。 
お取り寄せ商品です【送料無料】 身近なヒートアイランド対策日本ペイント太陽熱高反射塗料(遮...

遮熱塗料 IR2800 塗布するだけで太陽光を約90%以上もカットする太陽光高反射遮熱塗料。
 太陽からの熱源である近赤外線を、90%以上反射することで、遮熱し、工場内の温度を下げてくれます。

◆前面ガラスで塗料をぬれない方へ
 断熱塗料 スマートコート
 断熱塗料スマートコートは、窓ガラス面に塗装するだけで無色透明のまま、紫外線を97%以上、太陽からの熱(近赤外線)を60〜99%以上カットする事が出来ます。
 
 事務所などの空調コストを下げる目的に導入されるケースがあります。

◆エスコ 断熱塗料
【日曜大工・作業用品】【YDKG-td】エスコ:ESCO 取扱:3L 断熱塗料 【YDKG-td】

いくつか紹介しました。
これがすべてではありません。遮熱塗料、断熱塗料を活用することで、省エネ対策をすることで
節電対策をしてみてはいかがでしょうか。

※JIS規格で塗膜の日射反射率の求め方が定められています。



管理監督者も、ムダを見つける眼力をつけなければなりません。

コスト削減は夏場の電力需要を確保するために重要な役割を担います。
ちょっとでも手を抜けば、より大きな問題となって、その会社や、日本全体にまで影響を与えかねない問題に発展する可能性があります。

ちょっと不謹慎でありますが
この厳しい状況を機会をとらえ、達成すれば、世界における省エネ生産国として
重要なステージに立て、利益が得やすい体質の企業群になれます。

これを乗り切らなければ・・・どんなことになるか。
このシムレーションはやめておきましょう。

手待ちのムダを顕在化する方法を前回書きました。
この手待ちのムダを顕在する方法だけでは、ムダは顕在化しにくいのです。

それは、作業をしている方が、あきらかに手待ち状態であるのなら
判明しやすいのですが、それを第3者が見つけることが重要なのです。

送料無料!ポイント2倍!!【書籍】コスト削減の罠

つまり、管理監督者が作業員の動きの中から問題を見つけるのです。
管理監督者も、ムダを見つける眼力をつけなければなりません。
眼力がないと、無駄をムダをわからずに、見過ごしてしまうのです。

これでは、せっかくの取り組みも意味をなしてしまいません。

管理監督者がコツをつかむまで、コスト削減のプロや先輩たちに依頼するのも
その1つです。OBや、企業でコスト削減を徹底していた人物などに教えを乞うのです。

ムダとりをするための眼を養うまで、協力を仰ぎ、取り組んでみてはいかがでしょうか。

今回は、その絶好の機会です。
こんな厳しい目標を達成する機会はそんなにありません。

クリアすれば、その先に何が待っているのか
考えてみてはいかがでしょうか。

手待ちのムダを顕在化することによりムダを見つけやすくすることができる。

手待ちのムダを顕在化することにより
ムダを見つけやすくすることができる。

この信念をもって、工場内の雰囲気を変えることができれば
本当に、ムダが見つけられます。

どのような手待ちがあるのかによって、
問題が見えてくるのです。

・前工程から流れてこない
・わずかの手待ちが発生している
・設備の稼動監視をしている

という例が挙げられる。

前工程から流れてこないのなら、欠品しているかもしれない。
問題は、それより前の工程で起こっているのである。

わずかな手待ちが発生するというのは、
生産が安定していなく、妙なアンバランスが発生している。

送料無料!ポイント2倍!!【書籍】コスト削減の罠

このようなムダが見えてくれば、しめたものである。

この問題を解決することにより、コストが削減できるのである。
このように、ムダを見つけるために、従業員の作業に目を向け
その工程の中から答えを見つけ出すということをしてみてはいかがでしょうか。

小さなことの積み重ねにより
大きな問題が解決するのです。

株式会社BIG GAINは、コスト削減を達成し、利益をあげるためのコンサルタントです。

手待ちは悪いことではなく、仕組みの問題である。

電力需要の確保のために、コスト削減を徹底したい。
コスト削減は、何も機器を停止させれば済むという問題ではなく、
工場の生産をしつつ、電力使用量の削減を達成することである。

つまり、コスト削減を徹底することで目標を達成することにある。

このために、コスト削減のコンサルタントに依頼することも可能。
最近は、ケイタイをかざすだけで、その機器の電力使用量を表示してくれるものや、
電力をしようしすぎると警告を発するシステムもある。

このような対策システムも1つだが、
生産における見えにくいムダをなくすことで、コスト削減を達成することも
わすれずに実践してもらいたい。

手待ちがあるときってどうしていますか?

・このときとばかりに違う作業をする。

これって、日本人の性でしょうか。

この性のせいで、ムダが見えにくくなっているのです。

手待ちの状態で、待ってみることでムダが顕在化するのです。

これを励行してみることにより、ムダが健在化するので
やってみる価値はあるでしょうね。

手待ちになることは、作業員にとって悪いことではありません。
しかし、手待ち状態でいると、遊んでいるように見えてしまうことから
これを嫌うのです。

しかし、ムダを発見するために、手待ちを健在化することに
力を注ぐと、次の一手が見えてくるかもしれませんよ。
【送料無料】コスト削減の“見える化”

なぜならば不幸な未来が見えているからです

夏場の電力使用量を削減しなければ工場がとまり、街の機能が止まってしまう。
この機能停止の影響は大きく、日本の貿易など、今の豊かな生活をおくっているその
原資となるものがなくなってしまう恐れもある。

なぜならば、日本の技術力は高く、海外の製品の材料にも影響を与え
海外工場のラインも止めているのである。

自動車関連いおける日本製品の重要性は高く、それが顕在化してしまったのである。

マイコンや半導体などの電子機器、
メタリックの塗料まで影響するとは思っても見なかった。

このように日本の製品が世界の市場において
重要なものであることがわかる。

つまり

夏場の電力使用量を削減しなければ、
計画停電などで工場が停止してしまう。

工場において数時間の停止は、精密機器を生産している場合など
時間のロスだけではなく、1日の生産をパーにしてしまう。

この影響は大きい。

つまり、1箇所しか調達する先がないから、今は、世界の企業が
待っているのだが、長引くとそれは恐ろしいことになる。

海外製に置き換わってしまうことだ。

簡単には、海外製になることはないが、この動きはもはや止められない。
これに対応するためには、まずは夏場の電力削減目標を達成しなければならない。

次の目標はまた、別にあるが、今回はこれに集中したい。

中小製造業における電力削減を達成しつつ、生産することが必達目標なのである。

これを実現するために、不必要なムダを徹底的になくし、最悪の場合は、
計画的な生産の中止かもしれないが、そうなる前に対応したい。

目的を達成するための手段は何かを徹底的に考える。

しかし、この手段の中に、ムダが潜んでいるのである。
これをどうやてて顕在化するのかが重要である。

一人ひとりの意識を高めることができる。
今なら、必ずできるはずです。

なぜならば不幸な未来が見えているからです。

あとはムダをなくす仕組化を構築できるかが課題です。

コスト削減に際して、株式会社BIG GAINさんなどの
コンサルタントに依頼して、改善するのもその1つだと思います。

【送料無料】ISO 9001:2000計測機器の管理とコスト削減法
楽天市場