製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

コスト削減は企業経営において重要な要素ですね。会社に貢献するためには、社員がコスト意識を持ち、行動するとが大切です。しかし、経費削減、コスト削減といっても何から削減すればよいのかわからい。そんな悩みをお持ちの方も多いですね。製造業や工場の経費削減、コスト削減の事例や具体策、コスト削減の方法やコスト削減のアイデアを提案していきたいと思います。

とは

原価管理とは5

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

製造コスト削減用語集(か行)

原価管理とは

原価管理の意味

 原価管理の意味のは、漠然としている。

専門書等によれば、次の二つの解釈がある。

狭義の意味は、生産工程において直接的に把握できる原価の管理を意味する。

(例えば、材料費や工数等)

広義の意味は、事業活動全体に発生する費用の管理を意味する。


原価管理を正しく行うためには、まず、管理すべき原価とは何か。

次に、管理とは何かを十分に理解しておかねばならない。

原価とは、一般的に次のように定義されている。

「原価とは、企業が企業目的を達成するために行った、企画・設計・生産・販売・サービス活動において消費された、価値全体である」

つまり、管理の対象となる原価は、企業内において発生するすべての費用である。

直接的に把握できる先の、材料費や工数等は、原価の一部を構成するものである。

また、原価が企業目的達成のために消費される価値であるとすると、その企業目的とは、利益の追求である。


この記事は、(株)ビッグゲインの小田社長が実際に経営改善、コスト削減に取り組んだ事例を元にしています。

製造業のコスト削減を手がける(株)ビッグゲインへのお問い合わせはこちら



工程とは5

製造業・工場のコスト削減の事例、方法、アイデア−経費削減の具体策の提案−

製造コスト削減用語集(か行)

工程とは

生産を行う場合、それは二種類の流れによって構成されるといえる。

第一には、モノ(原料・材料・製品等)の流れであり、他方は人の流れである。

そこで、「工程」という場合には、モノの流れを指し、人の流れは「作業」と呼ぶ。

また、「工程」とは、モノ(原料・材料・製品等)の流れ全体を構成している一つの単位であり、一人或いは一グループの受け持つ作業の範囲を示す場合もある。


この記事は、(株)ビッグゲインの小田社長が実際に経営改善、コスト削減に取り組んだ事例を元にしています。

製造業のコスト削減を手がける(株)ビッグゲインへのお問い合わせはこちら



楽天市場