製造業の現場のコスト削減も大切ですが
管理部門のコスト削減も大切なことです。

今回は、「会議」です。

みなさんの会社の会議は、どれぐらいのコストがかかっていますか?

考えた人も多いことでしょう。
結構、コストは高くついています。

それにもまして、よい効果もあるのも事実ですで、
しかしながら、コストの視点で考えると
ちょっとばかし無駄な会議も多いと思いませんか?

・無駄なことおおい
・ただ集っているだけ
・長時間である

など

いろんな思いがあることでしょう。

役職によっては、
じっくりと話を聞いてもらいたい部署もあれば
忙しいため、もっと効率的にできないかというものまで
多種多様です。

そこで、会議にはルールをつくると
効率的になるとおもいませんか。

今までは、会議をすることが
ややもすれば目的になっている会議も。

会議のルール

1.目的の明確化:会議の目的を明確化し、到達すべきところを明らかにする。

2.参加者選び:1の目的を達成するために必要な人を選ぶ。

3.議案ごとの資料作成:あらかじめ資料を準備する。

4.会議資料の事前配布:あらかじめ資料に目を通す、2日前には共有する。

5.会議資料に目を通す:事前に資料をよみ、当日は議論をする。

6.議事録の作成:議事録を作成し共有する。

これら6つのことを実践するだけで
ずいぶんと効率的な会議になります。
チャレンジしてみてください。